線維筋痛症/慢性疼痛

線維筋痛症14年目の方・体験の声

次の日、ベッドから起き上がる時、スッと起き上がる事ができたのです。

◆線維筋痛症14年目女性の方

「線維筋痛症歴、14年目の今年、インスタグラムをやってみようと思い、そこで、DNMの岩吉先生と知り合う事ができました。

私が線維筋痛症を発症したのは、家族で外出をし、そこで急に全身の力が抜け、立ち上がる事も、歩く事も出来ずに、家族に抱えられるようにして帰ったのを、今でもその時の感覚を鮮明に覚えています。

最初は線維筋痛症の研究の第一人者と言われる先生の所へ10年間通い、そこでは、向精神薬とてんかんの薬を処方され、きっと良くなると信じて、処方される薬を飲み続けました。

飲まないよりかは飲んだ方が、あのなんとも言えない、身体を刺すような痛みが、少しだけ和らいだ感じがしていましたが、結局は根本的治療にはなっていなくて、今の医学では完治不可能と言う事を知って、この痛みがこの先、一生続くならと悲観し、死ぬ事を何度考えたか、分かりません。

それほど、耐えがたい痛みが、ずっと続いていたのです。

岩吉先生のインスタを初めて目にした時は、「エッ?線維筋痛症が、徒手療法だけで、良くなっていくの?そんな、今の医学で治せない線維筋痛症が良くなるの?」と半信半疑でした。

岩吉先生はアジアで初めて、DNM国際認定指導者の資格を取得した先生でした。

整体と言うと、痛みを伴うイメージがありましたが、岩吉先生の治療は、手の感覚で皮膚を上に少し引き上げたりして、痛くない所でキープする。と言う独特な施術方法でした。

また、先生の手がとても温かいので、それもまた温かくて気持ちが良くなる感覚でした。

また、キープしている所が痛みが出てきたら、少し位置をずらしていく本当にこれで痛みが消えていくの?

第一回目の施術が終わり、帰りの電車の中で感じていたのは、今までにない、身体がポカポカして、眠気をもよおす感覚でした。

眠いと言う事は、痛みが薄らいでいなかったら、到底考えられない感覚でした。

次の日、ベッドから起き上がる時、スッと起き上がる事ができたのです。

今まで、朝起き上がるにも、ベッドのフチに必死で掴まりながら、やっと起き上がっていたのに本当に驚きが隠せませんでした。

筋肉の硬さは残っているものの、あの刺すような痛みが半分近く、消えていたのです。

何回か施術を受けましたが、ついこの間は、気持ちよくなって、寝落ちするところでした。

岩吉先生が穏やかな口調で語りかけてくれるので、安心感があり、それも相まって、徒手の効き目を身体全体で、感じとる事ができるのです。

今まで、線維筋痛症で苦しんできた方に、是非一度、岩吉先生の所で、施術を体験してみて下さい!

きっと、今まで苦しんできた心に、光がさすに違いありません。

私は、これから病院の投薬治療と並行して、月2回コースでお世話になろうと思っています

目指せ!投薬治療0先生は、徒手だけでなく、日頃の生活面でも、特に食事については、色々教えてくれます。」

関連記事