世界中の皮膚へのアプローチ-操体法、オステオパシー、理学療法、整体など

世界中の皮膚へのアプローチ

手技療法/徒手療法

世界中には様々な手技療法がありますが、皮膚へのアプローチというものの多くは埋もれてしまっています。それらをいくつか取り上げてみます。

操体法

・皮膚へのアプローチ 

操体法の中の、皮膚へのアプローチ。皮膚を伸展させて、受ける側が身体の内部感覚(心地よさ)を味わう。無意識的な動きや内部感覚を自覚する事で、身体や心の緊張をとる。優しくつまんだりもする。(持続的に皮膚を伸ばす。)

整膚

皮膚をつまみあげていく事で皮膚の血流を良くする。経絡理論も使用。(次々に移動していく)

オステオパシー

スキンローリングテクニック

皮膚を寄せ集め、つまむように転がしながら刺激していく方法。(次々に移動していく)
スキンテクニックという指2本くらいで皮膚を滑らす技術もある。

 

Bennetの神経血管反射

軽く貧血になる程度のごく軽い圧で刺激し、皮膚を少し伸張する。皮膚の毛細血管からの軽い拍動感が起こる。※本に記載はあるが、詳細は分からず。

頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラル)

頭部に対して優しく持続的に触れる。脳脊髄液の循環を促すという説をとなえている。(持続的に頭の皮膚に触れる)

末梢神経マニピュレーション

末梢神経上の皮膚へ、軽い圧や伸展を行う。触れたまま四肢を動かしたりもする。神経を内臓と結びつける傾向がある。内臓マニピュレーションを提唱している方の方法。

ポジショナルリリースセラピー

カウンターストレインともいう。圧痛点は筋肉が原因だと考え、圧痛点に触れながら、筋肉が緩む位置まで四肢を動かし、そのままキープする方法。皮膚アプローチとは言えないかもしれないが一応触れたままなので取り上げた。(持続的に皮膚に触れながら、四肢の位置を保つ)

筋膜リリース 

筋膜のねじれが、コリや痛みの原因と考え、その筋膜を伸ばすという理論と方法。(持続的に皮膚を伸ばす)

皮膚への理学療法
皮膚運動学

福井勉先生が提唱。皮膚を伸ばしたりテーピングをすることで、皮膚のゆるみやテンションを変え、可動域を増やす方法。(皮膚を持続的に伸ばす)

デルモニューロモジュレーティング

カナダの女性理学療法士が開発した、持続的に皮膚を伸ばす方法。神経系の理論であり、エビデンスベースよりもサイエンスベースを重視。(持続的に皮膚を伸ばす)

アロママッサージ関係

アロマオイルや薬草を溶かしたオイルを使い、全身、手、足裏などをマッサージする。主に血流改善、リンパの流れをよくする、リラックス効果、美容効果などをうたっている。リンパドレナージュというものもある。リフレクソロジーは独特の足裏の反射区という概念を使用している。

その他

その他にも、皮膚をタッピングする方法、刺さない鍼など様々な方法があります。

このように見ていくと、一時的もしくは持続的という違いはありますが、以下のように分けられます。

  1. 皮膚を伸ばす
  2. つまむ
  3. 触れる
  4. 押す
  5. タッピング

皮膚へのアプローチという意識がなくても、筋肉を揉む、骨の歪みを直すというときにも、必ず皮膚への働きかけがあります。なぜなら皮膚にしか直接触れることは出来ないからです。

皮膚のアプローチの奥深さや今後の可能性が少しでも伝われば幸いです。