自律神経

更年期の問題と自律神経の関係

更年期の問題と自律神経

自律神経

更年期の問題とは?

女性の月経が変化し、エストロゲンなどのホルモンバランスが変わる事により、自律神経の中枢である脳が疲労します。

そして、身体への負担が増え、更年期障害と言われる症状が現れます。40-50代周辺で始まるといわれています。

症状は?

  • のぼせ、ほてり、汗、手足の冷え、
  • しびれ
  • むくみ
  • 動悸、息切れ
  • 頭痛、めまい、不眠、眼精疲労、ドライアイ、耳鳴り
  • 便秘
  • 肩こり、腰痛
  • 気力がわかない、やる気がしない、うつ症状、だるさ、疲労感、倦怠感、不安感、寂しさ

などを感じます。

更年期による問題以外も隠れている可能性があるので、気になる場合は、まずはお医者様に行かれてみることをおすすめします。

自律神経のアンバランス

症状をみると分かりますが、自律神経のコントロール下にある「血管、発汗体温調節機能、消化吸収」の影響と、脳である中枢神経系の精神的な疲労、だるさ、情動の影響が大きいのが分かります。

肩こり、首こり、後頭部痛、腰痛は脳や自律神経の影響も受けやすい部位による症状です。

つまり、更年期に起こる不快な感覚は、ホルモンバランスによる神経系への影響ということ。

交感神経優位になったり、副交感神経優位になったりと、人によって変化します。

まとめ

社会環境や家庭環境などによる心理的なストレスを減らすことが、症状を軽減させることに繋がります。