上殿皮神経・中殿皮神経など腰痛の原因となる神経。坐骨神経痛

腰痛の原因となる神経

腰痛の原因となる末梢神経をいくつかご紹介致します。

上臀皮神経

引用:Visible Body’s Human Anatomy Atlas

腰痛で一番問題になることが多い経験がある皮神経です。

庭仕事をしていたり、ずっと座りっぱなしのしゃがむような姿勢をとっているOLの方に多いでく、ぎっくり腰もこの神経が多い印象です。

座る姿勢で上殿皮神経にテンションが持続的にかかり、神経の血流が低下してしまいます。

背中の筋肉の緊張も原因となりますので、接客業など立ちっぱなしの姿勢でも起こることがあります。

腰だけではなく、骨盤の外側や股関節外側、さらには足の痺れなどの不快感が現れることがあります。

中臀皮神経

引用:Visible Body’s Human Anatomy Atlas

仙腸関節付近に伸びている皮神経です。

腰痛やぎっくり腰で多く、仙骨周辺に不快感が現れ、その症状は足までいくこともあります。

その場合はヘルニアや狭窄症と誤診されることもありうると海外の論文には書いてあります。

この皮神経に問題が起こると、立ってても、座っていても、歩いていても違和感がある可能性が高い神経です。

坐骨神経痛?

坐骨神経とはこの図の太い神経で、下肢を支配しています。

引用:Visible Body’s Human Anatomy Atlas

分布領域に痺れや痛みが出てくる坐骨神経痛という名称が有名です。

梨状筋で圧迫されやすいと言われていますが、実際に解剖してる方からは、どう見ても圧迫は難しいとも言われ、新しい知見が望まれています。

そして、この分布領域に問題が起こると、坐骨神経が原因のように言われますが、そんなことはありません。

実際には上記のような上殿皮神経や中殿皮神経の圧迫や摩擦やテンションにより、同じエリアに症状が出ることも多いのです。

だからこそ、サイエンスから読み解くことが必要です。

脊髄神経の後枝

引用:Visible Body’s Human Anatomy Atlas

脊髄神経の後枝は皮神経などの感覚神経だけでなく、筋肉を支配している運動神経もあります。

この図では黄色い細いのが皮神経です。

この後枝は、筋肉を貫通しながら皮膚に向かうので、背中や腰の筋肉の緊張で、影響を受け、腰痛や背中の不快感につながります。