不調を根本から変えるには生き方を変えること。

生き方の変え方。

こんにちは、東横線田園調布の整体/神経系ケアの東京デルモです。

今日は生き方の変え方について書いてみたいと思います。

 


問題となるものとしてまずはストレスが挙げられます。

仕事のストレス

これは、

・肉体労働や立ち仕事、座り仕事、パソコンなど仕事自体の身体的ストレス

・職場の人間関係、上司、部活、同僚などとの対人ストレス

・寒すぎる、暑すぎる、家から遠すぎるなど職場環境のストレス

などがあります。

仕事を変えることは勇気のいることですし、新しい仕事が見つからなければそう簡単に貯金でもなければ変えられません。

仕事の肉体的なストレスであれば、ケアをする、運動をする、ストレッチをする、風呂にお湯を溜めて入る、食事のバランスに気をつける、アルコールを飲み過ぎないこと。

人間関係であれば、部署を変えられないか上司に相談する、苦手な人と出来るだけ関わらない、関わらなければいけない場合は心を無にする、または趣味に生きる、自分の心持ちを変えるために読書をする、瞑想をして気持ちと呼吸を整えるなどがあります。

寒すぎる場合は、上司に伝えること。無理ならば足首や手首や肘を冷やさないようにちゃんと重ね着をする。生姜を食べて冷たい飲み物やアイスをできるだけ食べないこと。

仕事については、自分自身何が本当にしたいのか?何が向いているのか?それで食べていけるのか?を冷静に分析する必要があります。判断は慎重に行いましょう。

家庭のストレス

家庭のストレスで多いのは、

・親子関係

・兄弟姉妹関係

・夫婦関係

・パートナーとの関係

がありますね。

付き合っているのなら別れることは比較的気持ち以外は行動しやすいかと思います。

問題は、親子関係や夫婦関係のようにそう簡単に別居したり、分かれたりが難しい関係性。

この場合もいきなり判断を下さずに、まずは出来ることから始めるとよいです。

話し合い、本音を伝える、相手を思いやる、口の利き方から気をつけてみる、普段行かないところに一緒に行く、例えば旅行やレストランなど。

昔の良い関係だった頃を思い出す。相手に感謝すること。

馴れ合いは時にマイナスの関係性を生みます。

態度、挨拶、口の聞き方、仕草、笑顔、会話など出来ることから変えてみてはいかがでしょうか?

運動不足・運動のし過ぎ

運動不足は単純に

・歩くこと

・自宅でストレッチ

・筋トレ

・DVDやYouTubeを見ながらヨガやピラティス

など出来ることから少しづつ始めましょう。

何か好きなスポーツなどが見つかればそれを習いに行くことをお勧めします。

生活の一部に運動を取り入れて見てはいかがでしょうか?

逆に難しいのは運動のし過ぎです。

プロのアスリートであれば仕方ないのですが、趣味なのに頑張り過ぎて身体を酷使し、壊してしまう方は一定数います。

自分を追い込み過ぎない、身体の声を聞く、楽しむ範囲を越えない、勝とうとし過ぎないことが大切です。

睡眠不足

睡眠不足の方は多いですね。

原因は、

・仕事で時間がない

・なんとなく携帯を見ながら夜更かししてしまう

・そもそも寝つきが悪い

・アルコールを飲んで寝ていて眠りが浅い

・眠りの質が悪い。

など色々ありますが、一番は睡眠の大切さを自覚していないことです。

寝る前には携帯を見ない、カフェインを取らない、アルコールは必ず休肝日を作る、枕や布団や照明など環境に気を配る、湿度や温度を適切に管理する、仕事の時間を削って寝ること。

1日7〜8時間は寝ないと痛みにとって良くないと言われています。

長いと感じたらそれはあなたの睡眠が足りていないということです。

経験的に眠りの質が悪く、寝入りが悪い方は頭と顔の緊張が強い傾向があります。そんな方にヘッドフェイシャルコースも用意してあります。

まとめ

出来ること、出来ないこと色々ありますが、まずは出来ることから始めてみたり、変えてみることをお勧めします。

意外と少し生き方を変えるだけでも身体の不調は変化していきます。

もちろん外から神経系の緊張を緩めると、より早く身体が楽になることは言うまでもありませんね。

人を変えるより自分を変えること。

人はなかなか簡単には変わりません。

少しずつでいいので接し方やいつものパターンを変えてみる行動力をつけていきましょう。

そして歩くことから始めて、好きな運動やエクササイズを見つけること。

深く眠るためにストレスも減らし、運動もして、睡眠環境も整えましょう。

そこに神経系ケアと神経セルフケアが加わると鬼に金棒です。

ありがとうございました😊