肩こり

サイエンスから見る、肩こり・首コリなど「こり」の本当の原因とは?

肩こりなど「こり」の原因とは?

肩こりの「こり」とは、筋肉が硬くなっている状態のこと。

肩こり

筋肉が硬いとは、筋肉が「持続的に収縮」している状態のこと。

筋肉を持続的に収縮させることができるのは、脳か脊髄です。

脳であれば、自分の意思で緩めることができるはず。

しかし、「こり」は自分で緩められません。

ですので、筋肉を持続的に収縮させているのは「脊髄」ということになります。

つまり「こり」は脊髄からの信号が原因ということ。

ではなぜ、脊髄が筋肉に信号を送り続けているかというと、「反射」が関係しているからです。

火に手を近づけると無意識的&瞬間的に手を引っ込めますよね?

そう、それが反射なんです。

正確にいうと「逃避反射」。

つまり、どこかに痛みを感じていると、逃避反射を起こし続けてしまい、筋肉の「こり」という状態が起こります。

原因は痛み信号です。正確には侵害受容信号といいます。

その侵害受容信号が先にあって、慢性的な肩こりが起こります。

その侵害受容信号は意識に登らないこともあります。

ちなみに、末梢神経ってCMで聞いたことはありますか?

その末梢神経は、細い線維が束になっていて、全身に72キロメートルも伸びています。

その神経の束にも、痛みを伝える線維があります。

末梢神経の束は、身体を動かすことによって、伸ばされたり、圧迫されたり刺激を受けています。

通常レベルなら問題は起きません。

ただし、パソコンなど長時間同じ姿勢を取っていたり、スポーツなど反復的な運動をしたりすると、

末梢神経の束が刺激され、痛み(侵害受容)信号が脊髄と脳に送られます。

そして、脊髄によって反射的に筋肉が収縮を起こしてしまいます。

そのようなことが日常的に繰り返されることで、慢性的な肩こりや首こりが起こってしまいます。

ですので、その部位を強く揉んだりすると、侵害受容線維を刺激してしまい、後になって余計に痛みが出たり、もみ返しが起こります。

つまり、強いマッサージは「こり」を増やしてしまいます。

ちなみに、末梢神経の束には血流があります。それが伸ばされたり、圧迫されることで滞ってしまうことが問題なのです。

優しく、その部位を刺激しないように、末梢神経の血流を変化させることで、「こり」の原因である痛み(侵害受容)信号が自然に無くなります。

結果的に脊髄の反射がOFFになり、筋肉の持続的な収縮である「こり」がなくなるという訳です。

これが自然治癒力を促すということです。

もちろん、脳の変化や自律神経の変化も起こりますし、神経伝達物質の影響もあります。

それら脳、脊髄、末梢神経、自律神経を合わせて「神経系」と言います。

その「神経系」の働きを、最新のサイエンスやエビデンスから読み解いて、実際の施術に活かしているのが、カナダ生まれの「DNM」です。