線維筋痛症/慢性疼痛

線維筋痛症の原因・薬以外の対処法。

線維筋痛症の原因・薬以外の対処法。

線維筋痛症の原因は確定していませんし、薬以外の対処方法の効果も人によってまばらです。

前回のコラム「線維筋痛症について」で書いた通り、複数の要因による個別性のある慢性疼痛が線維筋痛症という考え方に立てば、原因が特定できないという点や、効果のばらつきも理解できると思います。

慢性疼痛線維筋痛症診療ガイドライン2017を参考にしつつ、可能性を探っていきたいと思います。

◆発症原因の可能性があること

・身体的ストレス

↪︎外傷、外科的手術、交通事故、妊娠出産、感染症、ワクチン摂取、更年期障害など。

 

・精神的ストレス

↪︎家庭環境の変化、家庭環境自体がストレス、職場の変化、職場自体がストレス、親子関係、兄弟姉妹関係、知人関係、幼少期の身体的・精神的ストレス、虐待など。

 

◆生まれつきの要素

↪︎遺伝的要素、アレルギー体質(後天的な面もある)

 

◆慢性疼痛を維持して増やしてしまう要素

↪︎家庭、職場、学校などの心理社会的な日常的ストレス、不眠、不安、うつ、睡眠障害、低収入、社会的地位の低さ、肥満、運動不足、喫煙、日照時間の少なさ、孤独感など

 

◆どのようなことが起きているのか?

末梢などの組織に大きな問題が起こらないことが多いので、画像診断などではわからないと言われています。

このような変化が起きていると言われています。

 

・脳を含めた神経系とそれを維持するグリア細胞の変化。
↪︎中枢性感作、グリア細胞、神経炎、脳内神経炎症。

・細い神経線維の変化。
↪︎細径末梢神経線維の障害、small fiber neuropathy (SFN)

あと他にも画像や電気診断でわからないと言われているのは、末梢神経にある侵害受容線維「神経幹神経」など、細い線維による侵害受容です。

 

◆どうしたら良いの?

まず痛みというのは国際疼痛学会でも示唆されているように「個人的な体験」と言われています。ですので客観的に評価するというのは非常に難しいのです。

慢性疼痛は複雑に絡み合っており、下記のようなことで必ずしも変化するとは限りません。しかし、対処療法や副作用がほぼないので、たみしてみて効果がなければ止めればいいと思います。

もし効果を感じればしめたもの。義務ではなく、楽しみながら行えれば尚良いですね。

・食事内容
↪︎食物線維を多くとり腸内環境をよくする。逆に脂肪分を取りすぎたり、アスパルテーム、グルタミン酸ナトリウムなどの添加物は制限した方がよいです。また糖質は炎症を起こしやすくするので、甘いお菓子、ジュースなどは控えた方が良いです。

・軽い飲酒
↪︎飲みすぎたら逆効果ですが、リラックス感や、社会性を高めるという意味で良いかもしれないと言われています。

・運動
↪︎運動、ヨガ、ピラティス、太極拳などは効果がある場合もあります。身体的にも精神的にも頑張りすぎなければ良い影響があります。

痛いのに無理して動かすのではなく、身体の感覚を重視しながらゆっくり心地よく動けたら良いと思います。

・その他五感
↪︎温泉療法、温熱療法、寒冷療法、音楽療法(リラックスできる音楽を聴く)、ゆっくりとした呼吸。温めるのか冷やすのかについては個別性が高いので、予後が良い方の選択すると良いと思います。なぜなら末梢の要素が低い可能性があるので、脳への刺激として心地よい方がいいからです。

・徒手やリハビリ
↪︎マッサージ、徒手療法、ストレッチ、筋力増強訓練、リハビリ、認知行動療法。

人から触れること、動かされること、自分で動くことなどが良いということです。認知行動療法も効果のある人もいれば効果のない人もいるので一概にいいとは言えません。

まとめ

以上、対処法として少しずつでも実践できるものから取り組むと良いと思います。

無理せず、焦らず、頑張りすぎず、楽しむ余裕が出てくればしめたもの。何か好きなことに没頭していると痛みは感じにくくなります。

ぜひご自身の感覚を重視しながら試してみてください。

関連記事