痛みを痛みで消す理論は40年前の理論。DNICからゲートコントロール理論、ニューロマトリックス理論へ

痛みを痛みで消す理論は40年前の理論。

DNIC理論とは?

  • 痛い部位を筋肉のコリだからという理由で押す、揉む。
  • 気の流れが悪いからと鍼を刺す。
  • 筋膜の癒着だということで指先や道具で筋膜を剥がす。
  • 可動域を広げるため痛いのを我慢させながら他動運動でストレッチを行う。

マッサージ

これらはよくあるパターンですが、痛みを新しい痛みでマスキングして疼痛を減少させようとしているということです。

この機序の事を「DNIC 広汎性侵害抑制調節」と言います。1979年に発表された理論です。

痛む部位や別の領域へ新たに痛みを生じさせることによって、ある領域の痛みを軽減する一時的な方法です。

このアプローチ4つの問題点

  1. 痛みは組織からの入力信号ではなく、脳からの出力信号。つまりDNICは根本的な解決にはならない。
  2. 痛みを新しく追加することで、痛みによる脊髄反射によって持続的に起こる筋収縮を増加させてしまう。
  3. 脳の痛みの記憶が更に残ってしまう。
  4. 実際に末梢神経、皮神経、毛細血管、表皮や真皮を損傷させる恐れがある。

つまり、痛みで痛みを抑えることは一時的な効果だけに終わり、根本的な問題解決にならないどころか、痛みを増加させてしまう可能性が高いということです。

痛みは組織から出ているという昔の考え方のままのアプローチです。しかし、痛みは組織から脳への入力信号ではありません。脳からの出力信号なのです。

それらの説明のため、疼痛理論で有名なものをご紹介したいと思います。

ゲートコントロール理論

ゲートコントロール理論とは、メルザックとウォールが1965年に発表した疼痛理論です。

どこか痛む部位があるときに、別の部位に触れることで何故痛みが減るのか?という理論です。

手

慢性的な痛みを伝える神経線維よりも、触れると反応する太い神経線維がより早く脳へ届くため、マスキングされて痛みが減少します。つまり新しい痛みを与えなくとも普通の触覚刺激で痛みを減少させることができるということです。

詳しくは過去のブログをご覧ください。
ゲートコントロール理論とは?  >

ニューロマトリックス理論

ニューロマトリックス理論とは、ゲートコントロール理論と同じメルザックが、35年後の1990年に発表した比較的新しい疼痛理論です。

この理論では、疼痛とは、身体からの感覚情報などのインプットと、脳内の過去の記憶や予測や感情が混じり合って生じる、脳からのアウトプットだということです。

脳

ニューロマトリックス理論について詳しくは、過去のコラムをご覧ください。日本語訳の表も載せています。

ニューロマトリックス理論とは? >

組織から脳への信号は疼痛信号ではなく、侵害受容信号です。これは痛みを伝えるのではなく、「警戒して」というインプットです。痛みと侵害受容は別ですので分けて考えてください。

そして、幻肢痛などのように、疼痛は組織の損傷が無くても起こりうることを示唆しています。

つまり痛みは、組織と関係している場合もあれば、関係していない場合もあるということです。

侵害受容信号はボトムアップで、疼痛はトップダウンということです。

プラシーボとノーシーボ

プラシーボ/プラセボ効果とは、薬の研究などで、薬効があるとされている薬と、ただのビタミン剤をランダムに被験者に与えて効果を測る時、ただのビタミン剤でもある一定のプラスの効果が出ることをいいます。

これはもちろん徒手療法でも起こります。様々な研究では、徒手療法はプラセボより少しは効果があるとされていますが、特異性(原因が明確)ではなく、非特異性(原因が明確ではない)と言われています。

これは心理的要因、環境的要因、社会的要因が必ず含まれてしまうためです。

ノーシーボ/ノセボ効果とは、プラシーボとは逆に、いい効果では無くマイナスの効果が出てしまうことを言います。この薬を飲むと腹痛になる可能性が高いです、と言われて実際にはただのビタミン剤でも腹痛が起きたりします。

痛みを痛みで消すアプローチは、このノーシーボ効果も出てしまいます。つまり、本人が痛いと思っている箇所や他の何ともない箇所に痛みを与えるわけですから、「自分の身体は痛いんだ」という思いが強まってしまい、余計に慢性化へと進んでしまいます。

結論

痛みを痛みで消すDNIC理論は40年前の理論です。この理論は、もっと新しいニューロマトリックス理論のように脳内の働きを含めた広い視野の疼痛理論ではありません。

昔に考えられていた程、痛みというものはシンプルで簡単なものではありません。

脳が関与したボトムダウンでありアウトプットなのですから、非常に複雑で外部から容易に原因を判断できません。なぜなら組織に損傷がなくても起こるのですから。

またゲートコントロール理論のように、触覚刺激でも疼痛減少は起こります。

そして脳内のオピオイドによる下行性調整のような働きもあり、中枢神経だけではなく末梢神経にも鎮痛作用を与えています。

バイオサイコソーシャル理論のように生物的、心理的、社会的な要素が複雑に絡まりあったのが人間であり、「痛み」でもあります。つまりプラシーボやノーシーボが容易に影響しあってしまいます。

結論として、痛みを痛みで消すアプローチは一時的であり、ノーシーボ効果が生まれ、痛みの記憶が脳にインプットされてしまう前時代的な方法ということになります。

これは世界の最新レベルの理学療法士や徒手療法家では当たり前の考え方です。

日本にもこのようなサイエンスベースの考え方が広まることを期待しています。